新しい仲間を求めます。

現代社会には成果主義が蔓延しています。子育てにおいても例外ではなく、親も保護者も教育者も支援者も、短いスパンで目に見える成果を出すことを期待しているようです。確かに、親(保護者)には、委ねられた責任があります。親(保護者)としてなすべきことを見きわめ、懸命に判断し、忠実に、熱心に、愛を持ってそれを行うべきでしょう。しかしながら、たとえどんなに身を粉にして一生懸命に接したとしても、現実には親(保護者)のコントロールの及ばないことがたくさん起こります。ときには、自分の努力ではなく、環境や状況を見守り、心の中で祈ることしかできないこともあります。自分の力の無さを認め、へりくだって待つしかないときもあります。結局のところ、私たち親(保護者)に求められているのは、「いかに模範的な子どもを育てあげるかではなく、与えられた機会や資源を十分に生かしつつ、希望を持ちつづけ、どれだけ忠実に、なし得る限りを尽くしているか」なのではないでしょうか。

「こども達と本気で遊びたい!」
「自分にできることは分からないけど、何かしたい!」
「自分も絶望を感じていっぱいの涙を流してきたから寂しさを分かる。」
「絶望は続かず、必ず希望に変えられるということを教えてあげたい!」

私たちは、新しい仲間を求めています。何か感じたものがございましたら、あなたの想いを伝えに来て下さい。
大学生も、新卒者も、子育て中の方も、幅広く応募を受け付けております。また2017年からは、学童保育、こども食堂、いばしょ作り、学習支援など、新しい事業をスタートさせております。未知の領域の分野ですが、どんなことでもチャレンジしていきたい熱い想いをお持ちの方々からのエントリーを期待しております。

新事業でのボランティア募集

● 学習支援
● プログラミング指導
● こども食堂内スタッフ

Copyright 2019 社会福祉法人 養徳園